代表の挨拶

ご挨拶

皆さま、こんにちは。
Makana AMAZAKE代表 杉本一樹です。

私は、3歳から空手道を始め21年間現役選手として競技人生を歩み、引退後に立ち上げたのがこの「Makana AMAZAKE」です。

きっかけは、2022年3月に祖父を亡くしたことです。祖父を亡くしてから、より「健康」と「別れ」について、考えるようになりました。
少しでも長く家族や仲間、周りの方々と笑顔で楽しく一緒に過ごしていくには「健康でいること」が大切です。

それから私は「皆さんに健康に良いモノを作って届けたい。」そう強く思うようになりました。私自身、現役時代からエネルギー補給や健康の面でも麹甘酒を飲んでいたこともあり、麹甘酒を自身で商品化しようと思い、起業しました。
麹甘酒は飲む点滴、飲む美容液と呼ばれるほど栄養価の高い飲み物
で、江戸時代から親しまれている伝統的飲み物です。

そして、2022年にMakana AMAZAKEを立ち上げ1年以上に渡る試行錯誤を繰り返し、ついに私のこだわりが詰まったオリジナル麹甘酒(麹100%)「こめはるか」が完成しました!

ブランド名のMakanaとはハワイ語で「贈りもの」を意味し、「僕からの贈りもの」として麹甘酒「こめはるか」と僕の「想い」が少しでも多くの皆様のもとに届くことを願っています。

「豊かな日々と共にあるニホンモノ」をコンセプトに、これからもMakana AMAZAKEは皆様に愛される商品をお届けできるよう努力してまいります。

【実績】
元日本代表
第10回アジア大会-52kg 優勝
第11回アジア大会-55kg 3位
全日本学生選手権個人組手 準優勝
全日本大学選手権団体組手 優勝(二連覇)
全日本学生優秀選手
高校・大学と主将を務める